睡眠は人生の基本。すのこベッド、略して「スノベ」。すのこベッドは湿度が高い日本列島の救世主です。このサイトでは木製の寝具について考えます。

すのべ生活

すのこベッドの分類

キミは「みやび格子」すのこを見たか? 久しぶりの新機軸のスノコ

投稿日:

いやあ。選挙が続きますが、じめじめも続く2016年の梅雨。

お元気でお過ごしでしょうか。

最近、コレといった話題もなかったスノベ業界(すのこベッド業界)ですが、この度、インパクトのある製品が発表されました。

それがコレ。

「みやび格子」

です。

この「みやび格子」にはいろいろバリエーションがありまして、まず、ロールタイプ。

わかりますか?

これまでのスノコベッドの上板は平べったいカタチをしていました。

厚みが9mmとか12mmで、幅が40mmとか50mmの板だったんですね。

ところが。

このロールタイプに使われている「みやび格子」の上板は、板というより、棒とゆーか角材です。30mmX20mmの桐材に深い溝を入れ、しかもおむすび型に面取り加工しています。

どこまで通気性に効果があるかはわかりませんが、これは新機軸です。

Screenshot_2016-07-13-19-49-50

そしてこっちが折りたたみ型の「みやび格子」。

同じ「みやび格子」の名前が付いていますが、格子の形状がロールタイプとは異なります。

図にするとこんな感じですね。縦型です。

ぱっと見はオーソドックスな二つ折りの桐すのこベッドですが、みやび格子の採用でパワーアップされています。

Screenshot_2016-07-13-19-49-59

この縦型のすのこ材料を並べて作られているのがこの二つ折りタイプです。

マグネットのストッパー付きなので、布団干しも可能です。

同じ2つ折り型でもお手軽にたためるのがこれ。すのこベッドの名作、エアライズですが、そのみやび格子バージョンです。

さらにラインナップは続きます。

こちらはみやび格子が組み込まれたベッドです。

すのこベッドのようななんちゃってベッドではなく、どこから見てもちゃんとしたベッドフレームです。

これならこの上にシモンズの高級マットレスをのせても違和感がないかもしれません。

いやあ、驚きです。

これ以上の進化はないだろうと思っていた「すのこベッド」業界に新しい風を吹かせてくれました。

ただ、この「みやび格子」が物理的な通気性がどれほど高まっているかは不明です。

紹介ページでは、「当社比2倍」と表記されていますが、実際はよくわかりません。

しかし、そんな些末なことよりも、板材を角材に替えてすのこを構成し、それに「みやび格子」というなんだかよくわからないイメージワードを付与してシリーズ展開している姿勢にアタマがさがります。

いやあ、いいものを見せていただきました。

スノベ生活が選ぶ日本3大すのこベッド

No.1 日本人ならこれ。国産すのこベッド

日本製のすのこベッドです。形も二つ折りタイプで定番です。材料もすのこベッドの定番、桐材。安心しておすすめできる「すのこベッド」です。お好みで、桐ではなくヒノキを選ぶこともできます。メーカー直販体制をとっているのでコスパも最高です。

No.2 スプリング装備の楽ちんすのこベッド

機能的に洗練された折りたたみ式のすのこベッドです。
折りたたみ式のすのこベッドの弱点は、布団をのせて折りたたもうとすると力が要ること。その弱点を解決し、なおかつリーズナブルなお値段を実現したのがコレ。
スプリングが仕込まれたこのすのこベッドは、これまでの常識を打ち破った製品です。あっぱれです。脱帽です。

No.3 執念の総桐製折りたたみすのこベッド

桐職人が作り上げた執念の総桐すのこベッドです。一般的なすのこベッドの範疇を越え、本格的な折りたたみベッドに分類される製品です。価格的にもチープなすのこベッドの価格帯からは大きく外れている製品ではありますが、金ならある。簡単に、楽に折りたためて移動できる木製のベッドが欲しいと思うあなたには最適の製品です。

-すのこベッドの分類
-

Copyright© すのべ生活 , 2017 AllRights Reserved.