睡眠は人生の基本。すのこベッド、略して「スノベ」。すのこベッドは湿度が高い日本列島の救世主です。このサイトでは木製の寝具について考えます。

すのべ生活

未分類

桐箪笥の技で作られたコーヒーミル。桐タンスの産地、新潟県加茂市産です

投稿日:2017年3月28日 更新日:

桐ダンス。

どんな踊りですか?

ってお話ではありません。

文字で正しく書くと、桐タンス(箪笥)です。

桐タンスは、昔ながらの木製のタンスであり、昭和の時代は、大切な嫁入り道具のメイン製品でありました。

でもしかし。

平成になった今では、和服を持っている人もめっきり減り、洋服をしまう家具も造りつけの壁面収納が一般的になってしまい、わざわざ高額の桐箪笥を買い求める人もおおいに減りました。

でも、いまでも、着物をはじめ衣類一般の収納の最高峰に君臨しているのは伝統的な工法で製造された桐箪笥です。

なかでも、新潟県加茂市で作られている桐たんすは、キビシイ試験を通った伝統工芸士によってつくられている経済産業大臣指定の正真正銘の伝統的工芸品です。

桐箪笥は1台、2台ではなく、一棹、ニ棹と数えますが、ホンモノの桐箪笥ともなれば一棹100万円超えもざらであります。

今回、そんな桐タンスの技法を駆使して、加茂市で作られた桐のコーヒーミルがお目見えしました。

企画したのは、コーヒー関連のメーカー、カリタ。

木製箱の部分は、新潟県加茂市の桐箪笥屋さんで、ひとつひとつ丁寧に作られています。

桐箪笥の命であるところの加工精度の高さからくる密閉性の良さがいかんなく発揮されたコーヒーミルに仕上がっています。

中国製のパチもんではありませんので、けっこうなお値段になっていますが、加茂箪笥協同組合のシリアルナンバー入りです。

桐タンスの町で作られた桐箪笥みたいなコーヒーミル。カリタから。

スノベ生活が選ぶ日本3大すのこベッド

No.1 日本人ならこれ。国産すのこベッド

日本製のすのこベッドです。形も二つ折りタイプで定番です。材料もすのこベッドの定番、桐材。安心しておすすめできる「すのこベッド」です。お好みで、桐ではなくヒノキを選ぶこともできます。メーカー直販体制をとっているのでコスパも最高です。

No.2 スプリング装備の楽ちんすのこベッド

機能的に洗練された折りたたみ式のすのこベッドです。
折りたたみ式のすのこベッドの弱点は、布団をのせて折りたたもうとすると力が要ること。その弱点を解決し、なおかつリーズナブルなお値段を実現したのがコレ。
スプリングが仕込まれたこのすのこベッドは、これまでの常識を打ち破った製品です。あっぱれです。脱帽です。

No.3 執念の総桐製折りたたみすのこベッド

桐職人が作り上げた執念の総桐すのこベッドです。一般的なすのこベッドの範疇を越え、本格的な折りたたみベッドに分類される製品です。価格的にもチープなすのこベッドの価格帯からは大きく外れている製品ではありますが、金ならある。簡単に、楽に折りたためて移動できる木製のベッドが欲しいと思うあなたには最適の製品です。

-未分類
-

Copyright© すのべ生活 , 2017 AllRights Reserved.