睡眠は人生の基本。すのこベッド、略して「スノベ」。すのこベッドは湿度が高い日本列島の救世主です。このサイトでは木製の寝具について考えます。

すのべ生活

除湿マット

すのこベッドではないがじめじめ環境を強力に改善する「除湿マット」の話

投稿日:

すのこベッドは基本的にスノコ構造によって物理的に空気や水蒸気の通り道を確保してじめじめ環境を改善します。

多くのすのこベッドには、吸湿性がある桐材が使われていますが、いくら桐材といえども大量の水分を蓄えることはできません。

他の木材に比べれば優れているって程度です。

しかし。

一般的に除湿マットとして分類される製品は違います。

除湿マットは、基本的に水分を蓄える機能を持っていて、ホントに湿気を吸い込んじゃうんです。湿気も吸うし、水(汗)も吸います。

科学のチカラですね。

たとえば、こんな製品です。

日本の大手繊維事業者、帝人が開発した吸湿素材「ベルオアシス(登録商標)」を使った湿気取りマットです。

この繊維素材の特長を引用してみます。

いいことづくめです。

吸水性能は自重の80倍(生理食塩水下:自重の45倍)、吸湿性能としては150%(95%相対湿度下)を有し、その他にも難燃性能、消臭性能を持つ次世代に向けた画期的な新素材です。

優れた吸湿・放湿性

木綿の約7倍、B型シリカゲルの約2倍の吸湿能力を誇ります。

速やかな取水速度

大きな表面積により素早く吸水し、圧力を加えても容易に水分を逃しません。

優れた難燃性

容易に燃えない優れた難燃性があります。

高い消臭性能

アンモニアに対する消臭性が特に強く、天日干しにより繰返し使用が可能です。

性能が長持ち

吸水・吸湿を繰返しても、その性能は低下しません。

優れた耐久性

耐光性が高く、光による吸水性能の低下が見られません。 さまざまな有機溶媒(アセトン、ベンゼン、アルコール等)に対する耐久性があります。

優れた耐熱性

耐熱性は、150℃以上あり、熱による吸水・吸湿性能の低下が見られません。

まさに除湿・吸水のために生まれてきたスーパー繊維です。

その機能を生かして、失禁のためのパンツにも使われているほどです。

このベルオアシスで作られた除湿マットであれば、1年をとおして湿気を吸収することができるのです。

このベルオアシスは優れた吸湿性をもった素材ですが、その素材をさらに、すのこ状に加工して、物理的な機能を高めた除湿マットが数年前に開発され、ヒットしています。

その名もダブルインパクト。除湿マットの名作です。

この除湿マット、ダブルインパクトは、除湿マットでありながら「すのこ」でもあるとゆーハイブリッド製品なのです。

本サイトで紹介している木製すのこベッドの強力な対抗馬です。

このダブルインパクトをさらに進化させたのがこの製品。

エアジョブRです。

3層構造になっていて、防ダニ機能が備わっています。

除湿マットはさらに進化を続けていくのです。

いいとこづくめの除湿マット。ただ、構造的に、布団干しに変形することができません。

こんなふうに。

この点は、木製すのこベッドに軍配があがります。

スノベ生活が選ぶ日本3大すのこベッド

No.1 日本人ならこれ。国産すのこベッド

日本製のすのこベッドです。形も二つ折りタイプで定番です。材料もすのこベッドの定番、桐材。安心しておすすめできる「すのこベッド」です。お好みで、桐ではなくヒノキを選ぶこともできます。メーカー直販体制をとっているのでコスパも最高です。

No.2 スプリング装備の楽ちんすのこベッド

機能的に洗練された折りたたみ式のすのこベッドです。
折りたたみ式のすのこベッドの弱点は、布団をのせて折りたたもうとすると力が要ること。その弱点を解決し、なおかつリーズナブルなお値段を実現したのがコレ。
スプリングが仕込まれたこのすのこベッドは、これまでの常識を打ち破った製品です。あっぱれです。脱帽です。

No.3 執念の総桐製折りたたみすのこベッド

桐職人が作り上げた執念の総桐すのこベッドです。一般的なすのこベッドの範疇を越え、本格的な折りたたみベッドに分類される製品です。価格的にもチープなすのこベッドの価格帯からは大きく外れている製品ではありますが、金ならある。簡単に、楽に折りたためて移動できる木製のベッドが欲しいと思うあなたには最適の製品です。

-除湿マット
-, ,

Copyright© すのべ生活 , 2017 AllRights Reserved.